おいもさんち

おいもさんは、学び・考え・伝えます

あなたの知らない課外授業

お金の教育がしたいので、好きな話をイラスト付きで紹介させてください。

あなたの「お金儲け」に対する印象を教えて下さい。

 

こんにちは、元教師です。 ぼくが教師をしてたときに

自分のクローンに働かせて年収1000万稼ぐぎたい!

働くのは週4時間で生活する仕組みを作りたい!

なんて話したら、卑怯だ!ズルイ!!といったブーイングを生徒からもらったことがあります。

 

どうしてお金の話を毛嫌いするのでしょうか?なぜかタブーなお金の話。

おーい、生徒よ!お金儲けは悪ではない!儲けることは、むしろいいことだぞ!

 

その理由を好きな話を交えてお伝えします。

(何回かSNSで拡散されているので、もしかしたら知ってるかも!)

 

 

お金を儲ける事に遠慮してしまいます。

Yahoo知恵袋にとある「お金儲け」の悩みが投稿されました。

 

悩みをざっくりまとめると

 

自分が儲かる = 誰かが損する

と考えているので、お金を儲けることに遠慮してしまう。というもの

 

これのベストアンサーが素晴らしかったのです。

 

 

富という物は、増える物なのだよ。

 

富という物は、増える物なのだよ。そのメカニズムを説明いたしましょう。

 

たとえば、世界に二人(A君とB君)しか人間がいないとしよう。そして、1万円札が1枚だけあるとしよう。この時点では、世界全体の富の合計金額は、たったの1万円ということになる。

f:id:oimotoimoco:20170720203755p:plain

 

最初、A君が1万円札を持っていたとしよう。B君はそれが欲しかったので、A君のために家を作ってあげて、A君に1万円で売ってあげた。

f:id:oimotoimoco:20170720214903p:plain

 

その結果、今度はB君が1万円札の所有者となった。A君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は2万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家)

f:id:oimotoimoco:20170720204057p:plain

 

次に、A君くんは、ふたたび1万円札が欲しいと思い、B君のために家を作ってあげてB君に1万円で売ってあげた。

f:id:oimotoimoco:20170720204257p:plain

 

その結果、今度はA君は1万円札と家の所有者となった。B君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は3万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家が2軒)

f:id:oimotoimoco:20170720204854p:plain

 

こうして、A君とB君との間を1万円札が行ったり来たりするたびに、A君とB君の手元には、様々な不動産や価値ある品物が増えていった。(つまり世界全体の富の合計金額が増えていった)

f:id:oimotoimoco:20170720205625p:plain

 

やがて、二人は良い考えを思いついた。お互いに価値ある財物をたくさん所有するようになったので、それらを担保として1万円札をもっとたくさん作ろうと。(10万円相当の財物を担保に1万円札を10枚作るということ)

f:id:oimotoimoco:20170720210203p:plain

 

その結果、もっと多くのお金が二人の間を行き来するようになり、もっとたくさんの財物が生産されるようになった。 

f:id:oimotoimoco:20170720211059p:plain

 

以上です。設定にやや無理がありますが、原理は真実です。世の中の各人が「お金が欲しい!」と思い、お互いに努力し、生産し、サービスを提供し、つまりは経済活動をすればするほど、世の中全体の価値ある品物・価値あるサービス・財産、つまり富は増えていくのです。

 

要するに、あなたがお金を儲ければ儲けるほど、世の中全体も豊かになっていくのです。あなたがお金を儲けたということは、それに相当するだけの価値を誰かに提供したと言うことでしょう? つまり「A君に作ってあげた家」を創造したと言うことでしょう?

 

あなたは儲ければならない。なぜならば、それが世の中全体を豊かにすることに直結しているのだから。

 

さぁ儲けるぞ!でもどうやって? 

f:id:oimotoimoco:20170720220007p:plain

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。 お金を儲けるモチベーションが上がったのではないのでしょうか?

 

でも、どうやって儲けます?

バイトでもいいですが、あなたの時間とお金の交換であって「お金を儲けた」わけではないですよね?

 

そこで最後に、お金を儲けるトレーニングを考案したので参考にしてみて下さい。やる気があるうちに、行動に移してくださいね!