おいもさんち

おいもさんち

あなたの知らない課外授業

見ない選択・聞かない選択

議員の方が、元秘書にパワハラをした。誰もが知る方が若くして亡くなった。

 

悲しいことや不祥事が起こると、1日中その話題で持ちきりになる。

 

特に悲しい出来事があった日は、多くの方が自分事のように辛くなる。それが今日だった。

 

 

テレビを消そう、SNSを閉じよう

特に悲しいそんな日は、どのチャンネルもどのSNSも悲しい話で溢れかえる。

 

いつ見ても同じ話。目にするたびに胸が苦しくなる。

 

辛い話は時に、日常生活の支障をきたすことがある。

 

そんなときはテレビを消そう。SNSも閉じよう。

 

私たちはタイムラインの社畜ではない。

 

見ないのも聞かないのも選択の1つ。

 

ほとぼりが冷めるまでは、しばらく目をそむけませんか?

 

情報が私たちの感情を作る

ご飯や水が体を作るように、手にした情報があなたの感情を作る。

 

嬉しい話や楽しい出来事は、私たちを元気にする。

 

悲しいことや辛いことは、私たちを落ち込ませる。

 

いつも以上にどんよりしてたら、それはあなたの毒になる。情報をすぐに遮断しよう。

 

今のあなたはいかがですか?

 

どんよりしすぎていませんか?

 

情報で消耗したときは

呼吸も苦しくなるくらい気分が落ち込んでしまったときは、おいしいものを食べよう。体を動かそう。音楽を奏でよう。

 

本当にこれだけで気持ちが好転していくから。

 

体感する情報は、流れっぱなしの情報に勝る。

 

たとえどんなに世の中が悲しんでいようと、あなたも悲しむ必要はない。

 

むしろ元気でいてほしい。それがあなたのできることだから。