おいもさんち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいもさんは、学び・考え・伝えます

あなたの知らない課外授業

なんで生命保険の人は同じ時間に学校に来るの?

あいつは突然やってくる~

 

なにしろ突然やってくる~

 

そろそろ矢場とん?

 

これこれ、この味、みそかつ矢場とん

f:id:oimotoimoco:20161109201124p:plain

http://www.yabaton.com/modules/download/index.php?content_id=1より

 

いきなり何のこっちゃ???

 

と思われた方もいるだろう。

 

これは愛知が誇るご当地CMなのである。

 

www.youtube.com

 

開始から10秒のところで

 

れでもか!とソースをかけまくっているのが印象的である。

 

 

 

いや、今回お伝えしたいあいつは矢場とんではない

 

生命保険のセールスマンである。

f:id:oimotoimoco:20161109202909j:plain

※写真はイメージです

 

セールスマンのフリー画像探してたら

 

最初にこいつ ↑ がヒットした。

 

まあ、そんなことより生命保険のセールスマンについて語る

 

職場(職員室)に突然やってくるので、こいつ ↑ の戦略を考察してみた。

 

あいつは毎週やってくる

f:id:oimotoimoco:20161110201346j:plain

教師やってるぼくの職場にあいつはやってくる。

 

ぼくはデスクから定点観察する。

 

そんな日を繰り返してたもんだから、ある疑問が浮かんできた。 

 

 

なんで何度も同じ人が来るの?

 

どうして同じ時間帯なの?

 

週に1~2回やってきて17:10くらいに現われる。

 

こちらは契約するつもりなんてないから何回来たところでムダ。

 

来るのも同じ時間じゃなくてもいいじゃん。

 

と思ったのですが、彼らにとってはこれがベストなんですね。

 

 

あなたは見知らぬ人から得体のしれない保険を買いますか?

 

 

ぼくは絶対買いません!

 

 

なんで知らない人が勝手に薦めてくる商品買わないといけないの??

 

と思うわけです。

 

そんな状況で商品なんてふつう誰も買わないので

 

まずはお客様と信頼を築くことから始めるのです。

f:id:oimotoimoco:20161110223314j:plain

 

相手の作戦はこうだ。

 

①何度も来ることで顔を知ってもらう。

 

②買ってくれそうな・押しに弱いお客様を見つける。

 

③毎週毎週やって来ては商品の説明をする。

 

「あなたが紹介するんだから間違いないでしょ。」

 

「あなたの熱意に負けたよ。」

 

 

それなら、同じ時間帯なのは?

 

1番の狙いは学校事務の手続きをせずに来れるからだろう。

 

事務は17時に受付が閉まる。

 

この面倒な手続きなしにより多くの教師に認知してもらえる時間帯は17時過ぎ。

 

しかも同じ時間帯だから記憶に残りやすい。

 

 

前職でこの手の生命保険のセールスマンに出会いませんでした。

 

やはり、副業が禁止されていて給料の額がだいたい決まっている

 

公務員が契約しやすいのでしょうね。

 

あいつがデスクにやってくる

17時過ぎ、職員室のドアが開く。

 

いつもお世話になっておりま~すっ!

 

””ヤバい、やつだ!!””

 

f:id:oimotoimoco:20161109202909j:plain

 

せんせい、お時間2分いただいてもいいですか?

 

別に興味なかったので帰宅しようと席を立ったら引きとめられた。

 

そう、目と目が合えばポケモンバトル。

 

 

f:id:oimotoimoco:20161110215636j:plain

まぁいいですよ。(相手の出方が知りたかったので聞く。)

 

 

せんせい、保険に興味は?

 

ありません。

 

せんせい、ちなみにおいくつですか?

 

20代前半ですけれど、

 

お若いんですね!

 

今日、研修で学んだことを実践してもいいですか?

 

 

いいですよ。(どうぞ成果を披露してください。)

 

せんせい、もし介護が必要になったとき

 

自分でお金を払いますか?

 

それとも親に介護してもらいますか?

 

さぁどうしましょうね笑

 

そうですよね~

 

そのためにこのプランが・・・

 

保険はまだ早いと思っているので興味ありません。パンフレットもいらん。

 

と伝えたら、

 

そうですか~、これならいかがでしょう。

 

せんせい、お金増やしたいですよね?

 

今度はつみたて貯金のはなしである。

 

・・・

 

f:id:oimotoimoco:20161110220918j:plain

 

うまくにげきれた!(話をおえて帰宅しました。)

 

 

はい、相手の作戦を考察してみます。

 

①お時間下さい攻撃

 

つい、「いいですよ。」と言わせて相手のペースにされる。

 

2分ください。は5分になったり30分になったりします。

 

 

②先生は生徒に弱い

 

学んだことを実践してもいいですか?のひとことで

 

生徒を想起させて先生のつい「実践していい場」を与えてしまう。

 

③不安につけこみ売る

 

あなたは悪霊に憑りつかれてますよ。このおふだがあれば除霊できます。

 

の類なセールスと同じですよ。

 

勝手に介護必要なからだにしないでください。

 

④お金は誰だって増やしたい

 

もじどおり。

 

 

 

悪い宗教には2種類ある。

 

1つ目は人の弱みにつけこみ不安にさせるやつ

 

2つ目はお金がからむやつ

 

友人がそんなこと言ってたのを思い出した。

 

まさにこれじゃん。

 

 

そんなにおすすめするってことは

 

もちろん自社商品を購入していて、

 

日々そのありがたみを体感しているんですよね?

 

と、次回来たときにでも質問してみたろ。

 

f:id:oimotoimoco:20161109202909j:plain

※職場に来たセールスマンはこの人ではありません。