おいもさんち

おいもさんは、学び・考え・伝えます

あなたの知らない課外授業

「君の名は。」見に行く人を募集した結果、思わぬ人から声がかかった件

f:id:oimotoimoco:20160918232135j:plain

前回のあらすじ

ぼくの友人が「君の名は。」を視聴して、「見に行くべき」、「また行きたい」と絶賛。

 

しかし、周りはカップルばかりだということなので、彼女のいない+女友達は彼氏持ちのぼくはピンチを迎えたのだった。

 

1人で見るのは避けたいぼくは苦肉の策として「一緒に見てもいいよ」と手を挙げてくれる方を探すのであった。

「君の名は。」見たいけど1人はイヤ。だから相手を探してます。

 

募集してから1週間経過。「見てきた」報告だけやたら届く

本来ならこの3連休を映画館で過ごす予定だったのに、「見に行きませんか?」と声がかかることはなかった。

 

それどころか次々と「見てきました、よかったです。」なんて報告してくれるじゃないですか。

 

(*´ω`*)←こんな顔文字いらんから笑。

おれが見たくなるだけだから。

 

よかった?そりゃそうだろ。みんなそう言ってるもん。

批判の声は聞いていない。

唯一耳にした批判は「ぼっちでいったらカップルしかいなかった。」くらいだ。

 

そんなぼくに声をかける人物がいた

「君の名は。」が大絶賛されていること。

ぼくは見に行きたがっていること。

行くなら複数(可能なら異性)がいいということ。

 

主にブログで誰かと行きたいアピールしていたところ、

「私が行ってもいいよ。」言ってくださる方についに出会えました!

いや~、情報は発信したもん勝ちですね。

 

 

その方は、なんとあの有名な・・・

 

 

 

 

 

 

母でした。

 

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

・「君の名は。」見たい   ←条件クリア

・1人で見に行きたくない ←条件クリア

・相手は異性        ←条件クリア

 

 

パーフェクト!合格!!

 

 

なんだけど、

 

うん、なんというか。

想定していたこととなんか違う。

 

 

このたぐいの映画ってカップルとかが見るやつだと思うが

家族で見にいくのとは違わないか?

そもそも歳の差は、

いや、年齢の話はやめておこう。

 

 

こうなってしまった原因は何か考えてみたら1つの結論にたどり着く。

 

 

母の誕生日が近い。

 

 

「行ってもいいよ」に隠されたメッセージはもしかして、

「誕プレは映画ね」ではないのか?

 

待て待て、母は遠まわしに言うような人だったか?

誕プレで要求してこないこともない。

 

じゃあカップルの楽園にぼくは母が突撃するのか?

そのとき、周りの反応は?

 

やっぱり行くなら家族以外だろう。

でも声かからないぞ。この先もかかることはあるのか?

 

 

悩めば悩むだけ時間は無情に過ぎていくだけだった。