おいもさんち

おいもさんは、学び・考え・伝えます

あなたの知らない課外授業

偶然知り合ったご婦人たちと観光し、ホテルで一緒にご飯を食べた話

f:id:oimotoimoco:20160726165030j:plain

ここ最近で、軽いノリでやったことありますか?

軽いノリの持つ力は計り知れません。未来を変えます、マジで。

 

 

「あじさいの里に行かれるんですか?」

 

人のぬくもり欲しすぎて、気がつけば声かけてました。

人生で初のナンパ。

 

この一声が決め手となり、バスで出会ったご婦人(アラウンド60)たちと「あじさいの里」を見学することになりました。

 

f:id:oimotoimoco:20160726170350j:plain

 

会話の内容はやっぱりあじさい尽くし。

色とりどりのあじさいを見ては「あ~、きれいだね」「この子はかわいいね」と感動したり

ババリアという名前を見つけて「私たちのみたいなあじさいだは」と冗談を交えたり

それ以外にも、ひざに注射を25本打った話や元気だった方が突然亡くなった話など。

 

 

休憩は早め多めに、全部まわろうとしない。おばあちゃんリズム、絶対無理しない。

f:id:oimotoimoco:20160726171321j:plain 

 

ざっと見たところで見学終了。

さあ、見学後は一休みだ。しかしレストランが見当たらず、駅前にUターン。

 

さあレストランだ。となると思ったのですが駅前ではなく、行先はラグーナか竹島かで話し合いが勃発。

結局、竹島で昼食(+コーヒー)におちつきました。

 

場所はホテル竹島

1人では行かないような場所で豪華なごはんタイム。

「これおいしいね」、「竹島おっきい」、「たまには贅沢もいいね」

など感じたままに話していたのですが、

すぐに私を諭す時間へと変身。

 

優しい子と結婚しなさい、いい子と言われる子は優しい子とは限らないよ。

今日やりたいことがあれば今日しちゃいなさい。

人はいつか老いる。体の自由がきかなくなるのは明日かもしれない。

一方的に話を聞くぼく。

このお食事は2時間も続きました。

 

お会計はご婦人全員シニア割、ぼくだけ正規の金額。

まあ、当然か。

 

食後はお土産コーナー。

気がすむまで物色してご婦人たちとぼくはそれぞれの帰路へ。

「お兄さんありがとう」こだまする声。

かくして、アラウンド60の旅は終わりを迎えたのでした。

(お土産をいただき、感動しました。)

今生の別れでありんす。

 

 

ご婦人たちと過ごして考えたこともありました。

 

じぶんはいつか死ぬ。明日は我が身。だから今この瞬間を大事にする。

 

ご婦人たちはカメラを持ち歩きません。

スマホを使う姿もほとんどありません。

わざわざスクリーンに記憶して後で振り返る必要なんてない。

知らない人でも目の前の感動を共有すればいい。

 

ご婦人たちは「今」を生きていました。

ぼくは、どうなんだ。「今」を生きているのか。

「過去」や「未来」を生きているのではないか。

 

「今を生きること」から目をそらしていると「今」を生きれなくなるよ。

そんなことをご婦人たちから教えていただいたようです。

軽いノリでいいので、やってみたいことやりませんか。